ご売却の価格設定は慎重に!!

2020年05月28日

税金

家を売却するときの第一関門は、【売り出し価格の設定】についてです。

 

 

 

たくさんのお客様のご売却をお手伝いさせていただくなかで、ここで行動が止まってしまう人がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 


売り出し価格は、「家の築年数」「メンテナンス状況」「周辺の家の相場」などを踏まえて、仲介を依頼する不動産業者と相談して決定されます。

 

 

 

 

 


この時、いくらで家を買ったかを覚えている人は、当時の価値と比べてしまい、今の現実的な価格を受け止められないことが多いのです・・・

 

 

 

 


新築を購入してすぐは、資産価値があり、価格の値落ちもそれほどではないと思われがちですが、想像以上に価格が下がっていることもあります。

 

 

あまり、価格にこだわると私たち不動産業者の協力もむずかしくなります・・・

 

 

 

 


また、相場からあまりにもかけ離れた価格だと、購入希望者の問い合わせさえ来ない可能性も・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

販売をお手伝いさせていただく中で、弊社では3つの価格をご提案させていただいております。

 

 

・「査定価格・・・

 

一般的な市場において、3ヶ月以内に売却できるだろうと思われる参考価格です。査定価格の計算方法は、近隣の成約事例や販売事例、路線価格や公示価格等を参考に、不動産毎の個別格差を算出されます。

 

 

 

 

・「チャレンジ価格」・・・

 

査定価格を参考に、査定価格や売出推奨価以上の価格で販売開始する場合の目安金額です。査定価格との開きが大きいほど売却に期間が必要になるケースが多くなります。

 

 

 

 

・「早期売却価格」・・・

 

査定価格を基に、売却に出し場合に買主が早期に見つかるだろうという価格です。ご売却予定時期が近付いたお客様へお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 


今後の売却活動を左右する売り出し価格の設定は、「冷静」に「慎重」に!!

 

 

 

 

 

 

そして私共と協力して二人三脚で進めていきましょう。