建売住宅?注文住宅?

2020年08月23日

ブログ20200823

新築一戸建てを持つ際、建売住宅を購入する選択と土地を購入し注文住宅で建てるという選択があります。

 

 

 


新築住宅をご検討のお客様は、結構迷われるのではないでしょうか?

 

 

 


建売住宅と注文住宅のそれぞれのメリットデメリットを理解したうえで再度検討してみるといいと思います。
 

 

 

 

 

建売住宅のメリット

 

 

 

①購入手続きが簡単

 

 


売主業者(分譲住宅施工会社)のプランで設計された新築を土地と一緒に購入するため、資金の流れ、住宅ローンの手続きなど比較的簡単です。

 

 

 


もちろん、営業マンがサポートさせていただきながらの手続きとなります。

 

 

 


契約時に手付金を支払い、残金は住宅ローンで一括して支払うことになります。
 

 

 

 


②購入・引っ越しまでが比較的スムーズ

 

 

 


分譲住宅は注文住宅と違って、打ち合わせなどに取られる時間が少ないです。

 

 

 


お仕事が忙しい方や子育てで忙しいとなかなか時間を作るのは難しいですよね・・・

 

 

 


そういった方は分譲住宅がおすすめかもしれません。

 

 

 


また、完成済みの物件の場合は、契約後2週間~1ケ月の間に入居することができます。
 

 

 

 


③注文住宅よりも価格が割安

 

 

 


分譲住宅は売主業者(分譲住宅施工会社)が広い土地をまとめて購入し、分割して販売しているので、良い土地を安く購入することができます。

 

 

 


分譲住宅はすでに建物の大きさ、設備などが決まっているため、あれもこれもと張り切って代さんオーバーになることは少ないでしょう。
 

 

 

 


④実際に住む新築を見て購入できる

 

 

 


注文住宅は、設備・構造・仕様などを聞いたうえで建てていくことになりますが、分譲住宅の場合は、実際に建っている新築を購入するため、実物を見て、暮らすイメージが湧きやすいと思います。
 

 

 

 


分譲住宅のデメリット

 

 

 


①間取りや設備が思い通りにならない

 

 

 


着工前にご成約いただく場合以外は、間取りの変更や設備の変更はできません・・・
 

 

 

 

自分たちが思い描く新築をそのまま形にしたいと考えている人にとっては最大のデメリットかもしれません。
 

 

 

 


②工事の経過を見ることができない

 

 

 


着工時から工事の様子を確認することは困難なため、しっかりとした工事が行われているのか不安に思う方もいるかもしれません・・・
 

 

 

 

注文住宅のメリット

 

 

 


①自分の希望どおりにできる

 

 

 


注文住宅最大のメリットは建物の構造や間取り、設備、内装などを自分の希望どおりにできるということです。

 

 

 


着工前から施工中も見学することができるので良いですよね!
 

 

 

 


注文住宅のデメリット

 

 

 


①価格が割高になる

 

 

 


設備や仕様など全て自分たちで決められるので、あれもこれもと検討しているうちに予算オーバーになることがあります。
 

 

 

 


②入居までに時間がかかる

 

 

 


注文住宅は建売住宅と違って、土地探し・プラン作成・仕様打合せ等全て決めていくことになります。

 

 

 


分譲住宅とは比べ物にならないくらい時間を割かれる場合があります・・・・
 

 

 

 


③完成するまで実物を見れない

 

 

 


住み心地をイメージしてから購入を決断できる分譲住宅と違って、工事中の過程は見られますが、注文住宅の完成形は家が建つまで目にすることができません。

 

 

 


出来上がってみたら思ったような暮らしができない、という可能性も十分あり得ます・・・
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのご家族にあったカタチで新築マイホームを手に入れましょう!

 

 

 

 

「建売住宅か注文住宅か決められない・・」でも結構です!

 

 

 

 

 

センチュリー21将永不動産】はお客様のご希望に合ったプランをご提案いたします!

 

 

 

 

 

センチュリー21将永不動産

豊田市井上町4丁目170番地1

TEL:0120-428-999【通話料無料】

✉:info@syouei-estate.co.jp